ITM(イン・ザ・マネー)

ITM(イン・ザ・マネー)

オプションを取引するにあたって避けては、 通れないキーワードがあります。

それが、ITM(イン・ザ・マネー)と OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)と ATM(アット・ザ・マネー)です。

この3つは、
原市場の価格と権利行使価格との関係を示しています。

この
ITM&OTM&ATM=原市場の価格と権利行使価格と の関係」は、
デルタに影響を与えるだけでなく、オプションのリスク管理や
売買戦略を立てるうえでもとても重要な要素になります。

このページでは、ITMを見て行きましょう。

ITMとは、権利行使で得た原市場のポジションを
同時に 反対売買することによって利益を手にできる状態のものです。

つまり・・・。

コールの場合は権利行使価格が原市場の
価格水準より小さいもの、プットの場合は、
権利行使価格が原市場の価格水準より大きいものを指します。

例えば、銘柄Aの現在の株価を13500円とします。

ここで、13000コールを権利行使すると
株価13500円の銘柄Aを1枚13000円で購入できます。

このとき、購入と同時に銘柄Aを現在の株価13500円で売却しますと、
(13500円−13000円=500円)になりまして、
500円の利益を上げることができるようになります。
つまり、このときの13000コールはITMということになります。

更に、もうひとつ、例を挙げましょう。

例えば、銘柄Bの現在の株価を13500円とします。
ここで、14000プットを権利行使すると
株価13500円の銘柄Bを1枚14000円で売却できます。

そして、売却と同時に銘柄Bを現在の株価13500円で
買い戻して、同銘柄の株式を持っていませんので
空売りポジションを持つものとします。

14000円で売ったものをそれよりも安い値の
13500円で買いますので、

(14000円−13500円=500円)になりまして、 500円の利益を上げることができますので
このときの14000プットは、ITMとなります。


日経225オプションの大切な概念ですので、
もう一度、ポイントとしてまとめておきましょう。


*POINT

■コールの場合は権利行使価格が原市場の価格水準よ
り小さいものが、ITMになる。

(反対売買で利益になる→現在の価格よりも安い値段で買える。
例えば、13000円のものを14000円買えるなど)

ITM

■プットの場合は権利行使価格が原市場の価格水準よ
り大きいものが、ITMになる。
(反対売買で利益になる→現在の価格よりも安い値段で売れる。
例えば、13000円のものを14000円で売れるなど)

ITM



トップへ戻る▲


スポンサードリンク

日経225オプション取り扱い会社

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • イザ!ブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

※証券会社比較、並びに紹介ページで、お申し込みをされる際は、
証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、
当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。