人気の岡三オンライン証券 と むさし証券225OPネットセミナー 

OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)

OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)

 

OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)とは、
ITMとは、権利行使で得た原市場のポジションを
同時に反対売買することによって利益が、
発生しない状態のものです。

 

つまり・・・。

 

コールの場合は権利行使価格が原市場の
価格水準より小さいもの、プットの場合は、
権利行使価格が原市場の価格水準より大きいものを指します。

 

例えば、銘柄Aの現在の株価を13500円とします。

 

ここで、14000コールを権利行使すると
13500円の銘柄Aを1枚14000円で購入できます。

 

このとき、購入と同時に銘柄Aを現在の株価13500円で売却しますと、
(13500円−14000円=500円)になりまして、
500円の損失になります。
つまり、このときの14000コールはOTMということになります。

 

更に、もうひとつ、プットの例を挙げましょう。

 

例えば、銘柄Bの現在の株価を13500円とします。
ここで、13000プットを権利行使すると
株価13500円の銘柄Bを1枚13000円で売却できます。

 

そして、売却と同時に銘柄Bを現在の株価13500円で
買い戻して、同銘柄の株式を持っていませんので
空売りポジションを持つものとします。

 

13000円で売ったものをそれよりも高い値の
13500円で買いますので、

 

(13500円−14000円=▲500円)になりまして、 500円の損失になりますので
このときの14000プットは、OTMとなります。

 

日経225オプションの大切な概念ですので、
もう一度、ポイントとしてまとめておきましょう。

 

*POINT

 

■コールの場合

 

権利行使価格が原市場の価格水準より 大きいものがOTMになる。
(反対売買で利益にならない→現在価値よりも高い値段
で買うことになる。例えば、12000円のものを1300
0円で買うことになるなど)

 

otm

 

 

■プットの場合

 

権利行使価格が原市場の価格水準より
小さいものがOTMになる
(反対売買で利益にならない→現在価値よりも安い値段
で売ることになる。例えば、12000円のものを1 1 0 0
0円で売ることになるなど)。

 

otm

 

 

 

 

江守哲の225オプション リアルトレーディング

関連ページ

日経225OP会社を総合で比較
日経225オプション 口座開設と詳細な解説
日経225OP会社手数料で比較
日経255オプション取引証券会社を手数料で比較
日経225OP会社注文方法比較
日経225オプション証券会社を注文方法で比較
日経225OP会社セミナー比較
日経225オプション会社をセミナーの内容で比較。
日経225OP会社をデモで比較
日経225オプションのデモ取引ができる?
日経225OP iPhone対応比較
iPhone対応の日経225オプション証券会社について比較しています。
日経225OP携帯(ガラケー)比較
日経222OPをモバイル(ガラケー、ガラパゴス携帯、フューチャーフォン)で取引可能な会社。
日経225OP会社資本金比較
日経225オプション取引証券会社を資本金で比較。
日経225OP会社を社歴で比較
日経255オプション取引証券会社を社歴で比較
日経225OP会社電話取引比較
日経225オプション取引証券会社を電話取引の可否で比較
日経225OP会社ツール比較
日経225オプション取引証券会社をツールで比較
日経225とは?
「除数」とは??
「株式分割」と「権利落ち」
日経225を買うとは?
日経平均とTOPIX
日経225オプションとは?
「コール」と「プット」
「権利行使価格」と「プレミアム」
日経225オプションと日経225先物の違いは?
日経225オプションの基本
限月(げんげつ)とは?
日経225オプション取引で準備するもの
オプションで利益を上げるには?
オプションの定義
日経225オプション 口座開設と詳細な解説
プレミアムとは
日経225オプション 口座開設と詳細な解説
オプションの本質
コール(買う権利)
プット (売る権利)
ITM(イン・ザ・マネー)
ATM (アット・ザ・マネー)
日経225オプションの基本
本質的価値と時間的価値
価格決定について
デルタ
ガンマ
セータ
ブラックショールズ・モデルとは?
価格決定要因〜原資産価値
価格決定要因〜残存日数
価格決定要因〜ボラティリティ
ボラティリティと時間価値の関係