残存日数とは?


残存日数とは、現時点から期日までの時間(期間)です。
一般に、残存日数が短いほうがオプション価格は安くなります。

タイム・ディケイのしくみは、
 「残存日数が長いほど時間価値が高く、残存日数が
減っていけばオプションのプレミアムも減っていく」です。

時間価値は「期待料」と考えることもできます。

それは、
アウト・オプ・ザ・マネーのオプションは、
満期日までに本質的価値のあるイン・ザ・マネーになってほしいという
期待から値段がついているからです。

また、 アウト・オブ・ザ・マネーでは時間価値のみで、本質的価値がありません。
参照

ですから、満期日までの日数が長いほど買い手の期待が大きくなります。

たとえば、日経平均株価が、残存日数が2日しかないと
1000円動けばイン・ザ・マネーになる場合、
その可能性はかなリ低く感じられますが、
25日あれば1000円くらい動くのではないかと期待が高まります。

タイム・ディケイは売り手にとっては非常に有利に
働きますが、買い手にとっては不利に働きます。

それは、この期待料である時間価値は残存日数に応じて
毎日同じ値だけ減少を続けるわけではないからです。。

満期日が近づくにつれて減少する時間価値は徐々に大きくなって
特に残存日数10日くらいから急激に減少します。

 グラフ 表

タイム・ディケイは売買戦略を立てる上で重要なポイント
になりますので、きちんと押さえておきましょう。


(お役たちツール)
*オプション取引を扱っているネット証券会社のなかには、
情報ツールのひとつとしてオプション・シミュレーター
という残存日数を変化させてプレミアムがどう変わるか
を見れるツールを提供しているところもあります

(カブドットコム証券やトレイダーズ証券など)



トップへ戻る▲


スポンサードリンク

日経225オプション取り扱い会社

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • イザ!ブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

※証券会社比較、並びに紹介ページで、お申し込みをされる際は、
証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、
当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。