人気の岡三オンライン証券 と むさし証券225OPネットセミナー 

プットの買いの考え方

コールの買い

 

「相場下落したとしても○○の水準までは行かない だろう」という消極的な想定のもとに仕掛けるのがプットの売りです。

 

例えば今、2008年5月現在、
日経225が、13000円だとしまして、
このときの9月限の権利行使価格13000円の
プットのプレミアムは1枚100円とします。

 

この状態の時に「9月限、14000円のプット」を売ったとします。

 

なぜ、そのようにしたかと言いますと、
それは、
「2008年9月第2金曜日(特別清算価格算出日)までに、
日経225は14000円まで下がらないだろう」
という予想をしたからです。

 

つまり、この場合は、以下の心理が働いているのであります。

 

「日経225は、2008年5月現在14000円の価値がついている。
しかし、2008年9月第2金曜日までに、14000円まで
下がることはないだろう。もしくは、横ばい、上昇するだろう。
それなら、日経225を14000円で買う権利を売って
その代金(プレミアム)を先に手に入れよう。
なぜなら、
日経225を14000円で買える権利を手に入れても(=買っても)
14000円を超えることはないであろうから、意味がないからだ。」
という心理が働いているのです。 

プットの売りの実際

さて、オプションのプットの売りについて例を挙げて説明します。

 

オプションや日経225オプションのプットの売りでは、
株価などの原資産(株価など)の上昇に伴いプレミアム
が、下がること、または、
オプション取引の実践において非常に重要な数字でありまして、
「将来の変動率に関する市場の予想」を示す
IV(インプライド・ボラティリティ)の
減少に伴いプレミアムが下がることで、利益が生まれます。

 

大きく分けてまして、以下の例のような、
満期前に決済するパターンと、満期日まで保有するパターンがあります。

プットの売り〜例1 満期前にオプションを売却した場合(基本例)

例1では、
9月限、権利行使価格14000円のプットを
400円のプレミアム(=オプション価格)で売り建てたとします。 
(多くの場合、この例のように満期前に精算します。) 

 

この場合は、9月の満期日までに日経225を14000円で
売りつける権利を400円で売り建てたことと同じ意味となります。

 

そして、仮に、日経225が、プットを売り建てた後に上昇し、
プレミアムが、400円から300円に値下がりした時点で、
400円で売ったプットの権利300円で買い戻したとします。

 

このときの利益は、400円−300円=100円の利益
(売買手数料は除く)になります。
(実際の金額はこれに取引単位当たりの数量(倍率)を掛けます。
日経225は倍率が、1000倍なので
100円×1000倍=10万円となります。)

 

逆に、日経225が上がらず、 プットを売った後に値下がり、
プットのプレミアムが500円に値上がったとします。

 

この時点で、400円で買ったプットを500円で買い戻したとします。

 

このとき、400円−500円=−100円で、
100円の損失(売買手数料は除きます)になります。

 

(実際の金額はこれに取引単位当たりの数量(倍率)を掛けます。
日経225は倍率が、1000倍なので
−100円×1000倍=−10万円となります。

プットの売り〜例2 満期日まで保有した場合

例2では、極端な例ですが、
9月限、権利行使価格14000円のプットを
400円のプレミアム(=オプション価格)で売り立てたとします。

 

 

そして、仮に、日経225が、
プット購人後に15000円に上昇し、 満期日を迎えたとします。

 

このときの利益は、すでに受け取ったプレミアム400円となります。
(売買手数料は除く)

 

(実際の金額はこれに取引単位当たりの数量(倍率)を掛けます。
 日経225は倍率が、1000倍なので
         400円×1000倍=40万円となります。

 

反対に、日経225が13000円に下落して満期日を迎えたとします。

 

そうなりますと、13000円−14000円=−1000円の差額に なりまして、−1000円の損失となりますあ、実際は、先にプレミアム として400円をもらっているので、−1000円+400=600円と なりまして、600円の損失になります。

 

 

江守哲の225オプション リアルトレーディング

関連ページ

日経225OP会社を総合で比較
日経225オプション 口座開設と詳細な解説
日経225OP会社手数料で比較
日経255オプション取引証券会社を手数料で比較
日経225OP会社注文方法比較
日経225オプション証券会社を注文方法で比較
日経225OP会社セミナー比較
日経225オプション会社をセミナーの内容で比較。
日経225OP会社をデモで比較
日経225オプションのデモ取引ができる?
日経225OP iPhone対応比較
iPhone対応の日経225オプション証券会社について比較しています。
日経225OP携帯(ガラケー)比較
日経222OPをモバイル(ガラケー、ガラパゴス携帯、フューチャーフォン)で取引可能な会社。
日経225OP会社資本金比較
日経225オプション取引証券会社を資本金で比較。
日経225OP会社を社歴で比較
日経255オプション取引証券会社を社歴で比較
日経225OP会社電話取引比較
日経225オプション取引証券会社を電話取引の可否で比較
日経225OP会社ツール比較
日経225オプション取引証券会社をツールで比較
日経225とは?
「除数」とは??
「株式分割」と「権利落ち」
日経225を買うとは?
日経平均とTOPIX
日経225オプションとは?
「コール」と「プット」
「権利行使価格」と「プレミアム」
日経225オプションと日経225先物の違いは?
日経225オプションの基本
限月(げんげつ)とは?
日経225オプション取引で準備するもの
オプションで利益を上げるには?
オプションの定義
日経225オプション 口座開設と詳細な解説
プレミアムとは
日経225オプション 口座開設と詳細な解説
オプションの本質
コール(買う権利)
ITM(イン・ザ・マネー)
OTM (アウト・ザ・マネー)
ATM (アット・ザ・マネー)
日経225オプションの基本
本質的価値と時間的価値
価格決定について
デルタ
ガンマ
セータ
ブラックショールズ・モデルとは?
価格決定要因〜原資産価値
価格決定要因〜残存日数
価格決定要因〜ボラティリティ
ボラティリティと時間価値の関係