スポンサードリンク

インアウト・スプレッド

カレンダー・スプレッド

オプションのインアウト・スプレッドとは、

同銘柄(市場)同限月のコールまたはプットのITM(イン・ザ・マネー)と
OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)のスプレッド取引のことを言います。

そして、インアウト・スプレッドでは、
必ずITMを買い、OTMを売ります。

インアウト・スプレッドの特長は「OTMの売り」
にありまして、相場の方向性に賭ける戦略でもあります。

この場合は、最も大きな利益が期待できるのは、
デルタが最も高いITMのオプション買いとなります。

しかしながら、
ITMのオプションはコスト(プレミアム)が高い」という
特長がありますので、同時にOTMを新規売りすることで
コストを低く抑えているのです。

それと、また、ボラティリティの違いによる
プレミアムの「割高・割安」とタイムディケイによる
「優位性」が、インアウト・スプレッドにあります。

ITMオプションのプレミアムは適正(理論)価格に近いのに対し
て、OTMオプションはそれより割高である場合が多いといえます。

それは、OTMオプションは時間価値のみですが、
ITMオプションの時間価値は少ないために、
株価の変動が小さい場合は、タイムディケイにより
OTMのプレミアムはITMに比べて大きく減少します。

つまり、
『割高』を売り、「割安」を買うという
理にかなった戦略といえましょう。。

●どういう条件のときに仕掛けるのか?

                        

★原市場(株価)が上昇すると予測 
→ITMのコールを買い、OTMのコールを売る 

★原市場(株価)が下落すると予測
→ITMのプットを買い、OTMのプットを売る

スポンサードリンク


トップへ戻る▲




日経225スプレッド取引セミナー

DVD 大きな価格変動を利用した日経225スプレッド取引セミナー
ダイジェスト

DVD 大きな価格変動を利用した日経225スプレッド取引セミナーの詳細はこちらをクリック!



トップへ戻る▲


日経225オプション取り扱い会社

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • イザ!ブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

※証券会社比較、並びに紹介ページで、お申し込みをされる際は、
証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、
当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。