日経225オプション取引 実践セミナー2弾

人気のオンライン証券会社!

岡三オンライン証券

江守哲の225オプション リアルトレーディング

日経225オプションの基本|日経225op口座開設と詳細な解説記事一覧

まず最初にオプションを始めようとした際に悩むのが、会社選びのではないでしょうか。まずは資産の管理システムの確認が第一です。あとは、自分のトレードスタイルに合わせ、各社のシステム・特徴・サービスを比較して自分に合った日経225オプション取り扱い会社を見つけましょう。証券会社ここがポイント詳細総合力で選ぶのであれば!詳細ページマネックスポイントが取引手数料に使える!詳細ページシステムトレードなら詳細...

手数料はどんどん安価になっており、また、証券会社によりましては、無料キャンペーン期間も行われています。一度の取引でかかる手数料は微々たるものですが、やはり安いところを選択するにこしたことはありませんね。複数の証券会社に口座を開いてみましてマメにチェックして、手数料の安い期間に会社を変えてみるのも手かも??証券会社ここがポイント詳細売買代金の0.16%(0.1728%)最低手数料200円(216円)...

各社の注文方法を比較しました。自分に合った日経225オプション取り扱い会社を見つけましょう。証券会社注文方法詳細通常注文、IFD注文、OCO注文、IFD-OCO注文、時間指定注文、連続注文、オートネッティング注文詳細ページ通常注文(指値、成行、マーケット・トゥ・リミット(最良指値注文、MLO))、逆指値、ツイン指値、リバース注文※逆指値注文は、引け後や場間等、時価が無い時間に発注した注文のトリガー...

日経225オプション取引に限らず、会場セミナーやオンラインセミナーを開催している証券会社の紹介です。特に、日経225オプション取引に関しては、むさし証券では、初心者向けのWeb(オンライン)セミナーをスグ視聴できます。日経225オプションをはじめたばかりで何をしていいかわからない、または、人がどういった取引をしているか知りたい方などには、会場セミナーやオンラインセミナーに一度参加してみるのもオスス...

日経225先物やFXのデモ口座は良く見かけますが、日経225オプションのデモ口座がある会社はまだ少ないみたいです ^^;このページでは、管理人が各証券会社にメールをしてデモ口座があるかどうか確認しました。証券会社デモ口座の 有 無詳細無詳細ページ無詳細ページ無詳細ページ無詳細ページ無詳細ページ無詳細ページ無詳細ページ無詳細ページ無詳細ページ

iPhone(アイフォン)に対応した証券会社も複数出てきています。iPhone(アイフォン)で出来るということは、どこにいても迅速に市場の流れに応じた取引を行う事ができます。出かけていてチャンスを逃した・・・損をしてしまった・・・。などということを避けるためには、iPhone(アイフォン)に対応している業者を選ぶ事も重要でしょう。iphone(アイフォン)に対応しているかどうかを日経225オプショ...

モバイル(ガラケー、ガラパゴス携帯、フューチャーフォン)に対応した証券会社です。モバイルで出来るということは、どこにいても迅速に市場の流れに応じた取引を行う事ができます。出かけていてチャンスを逃した・・・損をしてしまった・・・。などということを避けるためには、モバイルに対応している業者を選ぶ事も重要でしょう。証券会社携帯電話(ガラケー)対応?詳細×携帯電話(ガラケー、フューチャーフォン)による先物...

証券会社の資本金が豊富なほど、会社の倒産などのデメリットも少なくなってきます。基本的には、ある程度の資本をもつ会社を選ぶ事をおすすめします。証券会社資本金詳細25億円詳細ページ12,200百万円詳細ページ43億4,666万3,925円詳細ページ15億円詳細ページ5,000百万円詳細ページ71.96億円 (資本準備金 119.13億円)詳細ページ7,495百万円詳細ページ21億円(平成21年9月30...

証券会社を選ぶときに社歴の古いことも参考にできます。その業界で古株であるという事は、安心につながります。それはつまりその業界で実績を積んできたということです。証券会社設立年月日詳細2006年1月23日詳細ページ1999年5月詳細ページ平成17年10月28日詳細ページ昭和23年1月詳細ページ昭和22年8月27日詳細ページ1999年(平成11年)11月19日詳細ページ平成11年3月24日詳細ページ昭和...

インターネットでの取引が普及する前には、電話での取引(注文)が普通でした。いま現在でも電話注文に対応している証券会社は、複数あります。インターネットとは別口座などが必要な場合がありますので事前に確認していただく事が重要です。また、サーバーダウンなどによる一時的にシステムが、使えなくなった場合のみに電話での注文を受け付けてくれる場合もあります。証券会社電話注文詳細×詳細ページ×詳細ページ×詳細ページ...

各社のシステムを比較して自分に合った日経225先物取り扱い会社を見つけましょう。証券会社ここがポイント詳細岡三ネットトレーダーライトFは、先物・オプション取引に特化した取引ツール。 岡三ネットトレーダースマホFは、先物・オプション取引専用のiPhone・Androidアプリ。岡三ネットトレーダープレミアムは、日本株と先物・オプションのどちらも最高の環境で取引可能。岡三RSSは、システムトレードへの...

このページでは、日経225(日経平均)とは、何かについて、説明します。「株価指数」である、「日経225」は、株式そのものではありません。「株価指数」とは、複数の株式の価格を合わせてひとくくりにし、「指数化」したものです。

日経225=(225銘柄の株価の合計)÷除数で用いられる「除数」とは、指数の連続性を保つために修正に用いる数値です。除数は以下のような修正方法で計算されています。前日の株価合計÷前日の除数=(前日の株価合計±当該新株落ち分等合計)÷新除数たとえば、A株200円、B株300円、C株400円の3銘柄で指数を構成しているとします。このC株が2分割(10割増資)を行ない、翌日の株価が200円になった場合、...

「株式分割」とは、読んで字のごとく1株をいくつかに分割し、発行済みの株式数を増やすことです。たとえば、1株を2株に分割すると 1000株保有していれば、2000株になります。このように、株式を保有していた株主の株数は2倍になりますが、理論上1株の価値が、半分になるため資産価値は、株数は2倍になっても資産価値まで2倍になるわけではありません。分割の前後と同じです。(資産価値は等しい)では、なぜ、株式...

「日経225を買う」とは、どういうことでしょうか?日経225が「日経225の平均株価指数」であることは、すでに述べてますが、「日経225を買う」ことは、「225銘柄の株式をそれぞれ買う」ことと同意です。しかし、個別銘柄225種から構成されている日経225なのですが、デリバテブ(金融派生商品)の先物やオプションにおいては、日経225を一つの銘柄として扱います。つまり、「日経225先物取引」なら、それ...

このページでは、日経平均とTOPIXの違いを見て行きましょう。日経平均とTOPIXの決定的な違いは、その算出法にあります。日経225では、時価総額の大きい銘柄も小さい銘柄も同じように扱われるます。それは、日経225での、各構成銘柄の時価総額(=株価x発行株式数)に関係なく、株価の平均をもとに指数化していく「単純平均」を用いることになります。つまり、よりわかりやすくいえば、大型株も小型株も日経225...

「オプション」という言葉は、英語で「option」でして、「選択・権利」という意味です。したがって、「権利を取引する」「権利を売ったり買ったりする」のが、「オプション取引」となります。この「権利」は、「あらかじめ約束した数量の日経 225などの「原資産」を、あらかじめ約束された価格で、 あらかじめ約束された期日までに買う、または売る」権利です。つまり、オプション取引とは、「買う、または売る権利」を...

このページでは、日経225オプションの「コール」と「プット」の違いを説明しましょう。まず、簡単にまとめますと。当サイト「日経225オプションとは?」のページで、オプションとは、「買う、または売る権利」を売買する、と述べましたが、         ↓日経225オプションとは?この「買う権利」を「コール」(または、「コールオプション」)「売る権利」を「プット」(または、「プットオプション」)といいます...

「権利行使価格」と「プレミアム」について説明しましょう。「権利行使価格」と「プレミアム」についての取引事例を見ていきます。例えば、「日経225オプション2008年10月限11400−コール」が、300円で取引きされてたとします。また、現在の日経225の価格は1万2000円であるとしましょう。「2008年10月限」というのは、オプションの有効期間が切れる(満期となる)月を示します。つまり、オプション...

このページでは、日経225オプションと日経225先物との違いを説明しましょう。まず、簡単にまとめますと。『日経225オプション』予め定められた期日に、定められた価格で売買する「権利」を取引する。「権利だけの取引で、決済時に購入義務は発生しません。」【特徴】少ない資金から取引ができる、損失を限定しながら利益を追求できます。相場停滞時でも、高いレバレッジ効果で利益を追求できます。『日経225先物』取引...

日経225オプション取引は、限月(げんげつ)取引といいまして、定められた期日まで行われます。それは、3月,6月,9月,12月の隔月の第2金曜日となっておりまして、その前日を取引最終日となります。日経225オプション取引は、限月が、3月,6月,9月,12月の 隔月の第2金曜日というように、1年間で中心となる限月が4回も変わるので、常にデータを連続的に保存していく必要があると思われます。蛇足ですが、米...

日経225オプション取引の 準備を怠れば、必ず「負け」につながります。ですから、日経225オプションを実際に取引するには、それなりの準備が必要です。準備さえすれば、絶対に利益を得られる、というわけではありませが、「この準備なしには、いかなる取引も失敗に終わる。」というのも、一つの真理です。つまり、準備を怠れば、「必ず」「失敗=損失」・・・                損をするであろう、ということ...

オプション取引において利益を上げるには、特に難しいことを考える必要はありません。プレミアムは、日経225の動きやボラティリティの変化に応じて変動しますので、プレミアムが安いときに買って、それが高くなったときに売却すればいいのです。株式売買と同じことなのです。それではプレミアムはどのように動いているのか見てみましょう。 ↓この図は、プレミアムの変動を表わしたものです↓これを見ると、プレミアムも株価同...

オプションとは、株価指数や債券、通貨、商品など、(オプションの価値を決める)価格変動を伴う源の市場の「原資産」を、「あらかじめ決められた価格で、決められた数量を、あらかじめ決められた期間までに買う権利、もしくは売る権利」のことです。つまり、オプション自体は、モノでも株式のような有価証券でもありません。一種の「権利証」であります。あらかじめ決められた価格のことを権利行使価格または、ストライク・プライ...

オプションには、プレミアムと他ばれるものがあります。これは、何かといいますと、オプションでは、買う権利であれ、売る権利であれ、権利を“売買”するわけですから買うときにはお金を支払うことになり、売るときには権利を売った代金をもらえるという普通の商行為と同じように“お金”のやりとりが生じます。この権利の以下の売買で用いられるのが、プレミアムなのです。「買う権利」を買う「買う権利」を売る「売る権利」を買...

さて、今まで、オプションとは?、 プレミアムとは? と説明をすすめてきましたが、オプションを本当に知るには、この説明だけでは不充分です。なぜなら、これらのことは、オプションの本質ではなくて、オプションの定義なのです。オプションの根幹をなしていますのは、「確率統計論」なのです。オプションは、「将来、どう変動するかわからない相場」を確率統計論で、「将来、どう変動するか」つまり、「今後1年のうちに上下に...

オプションのうち、コール(買い)オプションの方は、分譲マンションや建売住宅などの不動産売買でよくみかける手付金をイメージされるとわかりやすいです。例えば、宮城県仙台市太白区に、気に入った土地を見つけたとします。値段は1億円。でも、他の物件も物色したいし、かといって物色している間に他の客に取られてしまうのも嫌なので、とりあえず値段1%にあたる100万円を手付金として業者に払いました。後日、宮城県仙台...

「相場下落したとしても○○の水準までは行かない だろう」という消極的な想定のもとに仕掛けるのがプットの売りです。例えば今、2008年5月現在、日経225が、13000円だとしまして、このときの9月限の権利行使価格13000円のプットのプレミアムは1枚100円とします。この状態の時に「9月限、14000円のプット」を売ったとします。なぜ、そのようにしたかと言いますと、それは、「2008年9月第2金曜...

オプションを取引するにあたって避けては、 通れないキーワードがあります。それが、ITM(イン・ザ・マネー)と OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)と ATM(アット・ザ・マネー)です。この3つは、原市場の価格と権利行使価格との関係を示しています。この「ITM&OTM&ATM=原市場の価格と権利行使価格と の関係」は、デルタに影響を与えるだけでなく、オプションのリスク管理や売買戦略を立てるうえでもとて...

OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)とは、ITMとは、権利行使で得た原市場のポジションを同時に反対売買することによって利益が、発生しない状態のものです。つまり・・・。コールの場合は権利行使価格が原市場の価格水準より小さいもの、プットの場合は、権利行使価格が原市場の価格水準より大きいものを指します。例えば、銘柄Aの現在の株価を13500円とします。ここで、14000コールを権利行使すると13500円の...

ATMとは、コールであれ、プットであれ、権利行使価格が原市場の価格と同じものを指します。例えば、銘柄Aの現在の株価を13500円とします。このときの13500コールはATMです。 13500プットもATMです。

オプションのプレミアムには、「本質的価値」と「時間価値」の2つの価値があります。ここでは、オプションの「本質的価値」と「時間価値」について述べていきます。

オプション・プレミアムの価格決定メカニズムプレミアムを決める公式で最もよく知られている一般的なモデルは、「ブラック・ショールズ モデル」と呼ばれるものであります。「ブラック・ショールズ モデル」 (Black Scholes Model)は、1973年にFisher BlackとMyron Scholesが考案した >オプション・プレミアムの計算モデルです。現在でもプレミアムの理論値を算出する際に...

オプションには、「デルタ(δ)」「ガンマ(γ)」「シータ(θ)」といった、ギリシャ文字で表記される指標があります。それぞれの指標の意味するものは、そもそもそれほど難解なものではありません。当サイトでは、「デルタ(δ)」「ガンマ(γ)」「シータ(θ)」の全てを解説していきましょう。まずは、「デルタ(δ)」についてに説明していきます。オプション取引を始めようとする投資家にとって、この見慣れない指標が、...

ガンマ(γ)とは、原市場(日経225など)の動きに対するプレミアムの変化率であります、デルタ(δ)の変化の大きさを表しています。そのことは、ガンマ(γ)は原市場(日経225など)の変動に伴うリスクの大きさを表すともいえます。ですから、ガンマ(γ)の数字が大きいほどリスクが高くなりまする。例えば、ある株式のコールを10枚売り建てたとする。このときコール(1枚)のデルタ(δ)は40(%)であったとしま...

セータ(シータ)(θ)とは、時間価値の減少を示す数値です。具体的には、ほかの条件(原市場、ポラティリティ等)が一定のとき、オプション・プレミアムの中で1日に減少する時間価値を指します。例えば、現在あるオプションの価格(プレミアム)が5ドルだとします。同オプションのセータが0.05であれば、このオプションの価格は、ほかの条件が一定のとき、翌日には4.95(=5.00−0.05)になります。 そして、...

日経225オプション取引において、プレミアム(オプション価格)がどのように決定しているのかの理解が問われる場面が必ず出てきます。日経225オプション取引において、取引を行なうにしても、売買戦略を立てるにしても、プレミアム(オプション価格)が、決められるメカニズムが、大切だからです。現物株では、株価を形作る要素が複雑にからみあっているせいか、市場参加者が共通に用いるような定番の理論はありません。オプ...

原資産価格(日経225オプション取引では、日経平均株価)の上昇・下落はプレミアムに大きな影響を与えます。それは、オプション取引は原資産を買いつけたり売りつけたりする権利を売買するものですが、実際は、原資産を売買しているのと変わらないからです。日経平均株価が「上昇」すればコール・オプションのプレミアムは上がり、プット・オプションのプレミアムは下がります。逆に日経平均株価が「下落」すればコール・オプシ...

残存日数とは、現時点から期日までの時間(期間)です。一般に、残存日数が短いほうがオプション価格は安くなります。タイム・ディケイのしくみは、 「残存日数が長いほど時間価値が高く、残存日数が減っていけばオプションのプレミアムも減っていく」です。時間価値は「期待料」と考えることもできます。それは、アウト・オプ・ザ・マネーのオプションは、満期日までに本質的価値のあるイン・ザ・マネーになってほしいという期待...

ボティリティは、直訳すると「変動」という意味です。つまり、ボラティリティとは、価格の変動性を数値で表したものです。「日経225オプション価格決定要因 残存日数」では、時間価値を決定する重要な要因として残存日数を取り上げましたが、「ボラティリティ」(Volatility)の概念も、残存日数と同等にオプション取引においてはとても重要です。オプション取引では、買い手はボラティリティを買い、売り手はボラテ...

ポラティリティで理論価格は決定するボラティリティ以外の要素のプレミアムの価格決定要因である原資産価格・権利行使価格・残存日数・短期金利・配当利回りは固定の値であるので、固定してボラティリティが変化するとプレミアムはどのように変わるのか?ボラティリティが上昇すれば、プレミアムも正比例して上がっていきます。このことにより、ボラティリティが高いということは、プレミアムが割高であるといえ、ボラティリティが...