バイナリーオプション常勝の秘密

OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)

OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)

 

OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)とは、
ITMとは、権利行使で得た原市場のポジションを
同時に反対売買することによって利益が、
発生しない状態のものです。

 

つまり・・・。

 

コールの場合は権利行使価格が原市場の
価格水準より小さいもの、プットの場合は、
権利行使価格が原市場の価格水準より大きいものを指します。

 

例えば、銘柄Aの現在の株価を13500円とします。

 

ここで、14000コールを権利行使すると
13500円の銘柄Aを1枚14000円で購入できます。

 

このとき、購入と同時に銘柄Aを現在の株価13500円で売却しますと、
(13500円−14000円=500円)になりまして、
500円の損失になります。
つまり、このときの14000コールはOTMということになります。

 

更に、もうひとつ、プットの例を挙げましょう。

 

例えば、銘柄Bの現在の株価を13500円とします。
ここで、13000プットを権利行使すると
株価13500円の銘柄Bを1枚13000円で売却できます。

 

そして、売却と同時に銘柄Bを現在の株価13500円で
買い戻して、同銘柄の株式を持っていませんので
空売りポジションを持つものとします。

 

13000円で売ったものをそれよりも高い値の
13500円で買いますので、

 

(13500円−14000円=▲500円)になりまして、 500円の損失になりますので
このときの14000プットは、OTMとなります。

 

日経225オプションの大切な概念ですので、
もう一度、ポイントとしてまとめておきましょう。

 

*POINT

 

■コールの場合

 

権利行使価格が原市場の価格水準より 大きいものがOTMになる。
(反対売買で利益にならない→現在価値よりも高い値段
で買うことになる。例えば、12000円のものを1300
0円で買うことになるなど)

 

otm

 

 

■プットの場合

 

権利行使価格が原市場の価格水準より
小さいものがOTMになる
(反対売買で利益にならない→現在価値よりも安い値段
で売ることになる。例えば、12000円のものを1 1 0 0
0円で売ることになるなど)。

 

otm

 

 

 

 

広告