広告

オプションの本質

プレミアムとは?

 

さて、今まで、オプションとは?、 プレミアムとは? と
説明をすすめてきましたが、
オプションを本当に知るには、この説明だけでは不充分です。

 

なぜなら、これらのことは、
オプションの本質ではなくて、オプションの定義なのです。

 

オプションの根幹をなしていますのは、「確率統計論」なのです。

 

オプションは、「将来、どう変動するかわからない相場」を
確率統計論で、「将来、どう変動するか」
つまり、「今後1年のうちに上下にどれだけ動く可能性があるか」
を求めているといえます。

 

その「今後1年のうちに上下にどれだけ動く可能性があるか」を
知るために、数字の散らばりの度合いを測るモノサシであります、
標準偏差を使います。

 

この標準偏差(シグマ)は、
オプションにおけるボラティリティなのです。

 

ボラティリティを知ることにより、
「今後1年のうちに上下にどれだけ動く可能性があるか」を
見極めることが出来るようになります。

 

ボラティリティに関しましては、以下のことを覚えておきましょう。

 

●ボラティリティは一定の範囲内を往来しています

 

●ボラティリティが高いときにはプレミアムが上がり、
 ボラティリティが低いときにはプレミアムが下がります

 

●標準偏差が、大きいとボラティリティが高く、
 標準偏差が、小さいとボラティリティが低くなります

 

●ボラティリティはリスクを測るモノサシにも使われます

 

ボラティリティを利用して
利益を得ようとすることは比較的簡単であると思われます。

 

なぜなら、
「ボラティリティを知ることで今後1年間のうちで
       上下にどれだけ動くのかが把握できる」からです。

 

下図のグラフは、正規分布
(Normal Distribution)を表わしています。

 

正規分布(Normal Distribution)

 

これは3を平均値として1シグマが2の左右対称のグラフです。

 

これが、基本中の基本なのです。

 

実際のオプションの世界では、
このようなきれいな正規分布にはなりませんが、大切な考え方です。

 

 

広告