バイナリーオプション常勝の秘密

日経225を買うとは、どういうこと??

日経225を買うとは、どういうこと??

 

「日経225を買う」とは、どういうことでしょうか?

 

 

日経225が「日経225の平均株価指数」であることは、すでに述べてま
すが、「日経225を買う」ことは、「225銘柄の株式をそれぞれ買う」
ことと同意です。

 

 

しかし、個別銘柄225種から構成されている日経225なのですが、

 

 

デリバテブ(金融派生商品)の先物やオプションにおいては、
日経225を一つの銘柄として扱います。

 

 

つまり、「日経225先物取引」なら、それだけで、
トヨタ(720) やホンダの(7267)ような
個別株を買うのと同様に、一銘柄を売八するのと同じように取り扱います。

 

 

もちろん、「日経225オプション取引」も同じです。

 

  オプションには、「原資産」あるいは「原市場」と言われるものを
「もと」にした、先物をもとにした「先物オプション」と、
現物をもとにした「現物オプション」とがあります。

 

大阪証券取引所に上場している「日経225オプション」は、
後者の「現物オプション」です・そして、オプションの「原資産」が、
「日経225」なのです。  

 

「日経225オプション」という金融派生商品が、個別株と同じように
「売ったり買ったりでき」て、
別ページで説明しています、「差金決済」が、大阪証券取引所の
「日経225オプション」では、行われています。

 

それは、現実問題として日経225現物指数は、個別銘柄225種から
成りたっているためオプションの権利行使に伴い、実際に225銘柄を
売ったり買ったりするのが、非常に困難だからです。

 

「日経225オプション」は、大阪証券取引所に上場しており、
投資家は、証券会社において「オプションロ座」を
開設することで取引可能となります。

 

なお、口座開設の条件は、各証券会社で異なりますので、
詳しいことは、当サイトで紹介しています証券会社の比較ページを
参考の上、各証券会社にお問い合わせください。   

 

         ↓

 

日経255オプション・先物取引証券会社を比較

広告