広告

オプションの セータ(シータ)(θ)

セータ(シータ)(θ)

 

セータ(シータ)(θ)とは、時間価値の減少を示す数値です。

 

具体的には、ほかの条件(原市場、ポラティリティ等)が一定のとき、
オプション・プレミアムの中で1日に減少する時間価値を指します。

 

 

例えば、現在あるオプションの価格(プレミアム)が5ドルだとします。

 

同オプションのセータが0.05であれば、このオプションの価格は、
ほかの条件が一定のとき、翌日には4.95(=5.00−0.05)
になります。 

 

そして、セータ(シータ)(θ)特徴は、

 

「満期までの期間が短いほど、
プレミアムに対する比率が大きくなります。」

 

以下は日経225コールのプレミレアムとセータです。

 

 

セータ(シータ)(θ)がマイナスの数字で表示されているのは、この数値ぶんだ
けプレミアムから“減少”するからである。

 

例えば、

 

@2008年1月限
 17000 コール
 プレミレアム 20
 セータ    −0.80

 

ですと・・・。

 

2006年1月限のコール価格に占めるセータ(シータ)(θ)の割合は
0.80÷20×1 0 0=4%

 

A2008年2月限
 17000 コール
 プレミレアム 60
 セータ    −1.35

 

ですと・・・。

 

2006年2月限のコール価格に占めるセータ(シータ)(θ)の割合は、
1.35÷60×1 0 0=2.25%

 

B2008年3月限>
17000 コール
 プレミレアム 100
 セータ    −1.42

 

ですと・・・。

 

2006年3月限のコール価格に占めるセータ(シータ)(θ)の割合は、
1.42÷1 0 0×1 0 0=1.42%

 

このように、当限ほど時間価値の減少率が大きいのです。
つまり、時間価値はオプションの期日が迫るにつれて
より急激に減少するのです。

 

(詳しくはタイムディケィのページへ)

広告