バイナリーオプション常勝の秘密

株式分割と権利落ち

日経225オプションとは?

 

「株式分割」とは、読んで字のごとく
1株をいくつかに分割し、発行済みの株式数を増やすことです。

 

たとえば、1株を2株に分割すると 1000株保有していれば、2000株になります。

 

このように、株式を保有していた株主の株数は2倍になりますが、
理論上1株の価値が、半分になるため資産価値は、
株数は2倍になっても資産価値まで2倍になるわけではありません。

 

分割の前後と同じです。

 

株式分割

(資産価値は等しい)

 

 

では、なぜ、株式分割が、行われるのでしょうか?

 

それは、一般的に、株式分割を行なうと、株数が増えることで
流動性が高まり、投資家の裾野が広がると考えられます。

 

また、株式分割を行なう会社は、人気化するケースもあります。
一般に成長力があって株価が高い会社が多いからです。

 

さらに、株式分割は、「増資(会社資本を増加させること)」とは違う
のですが、小幅な分割の場合、「無償増資」などと呼ばれることもあります。

 

「権利落ち」

株式分割・株式無償交付等の割当日が過ぎて、
この権利を取得できなくなった状態を「権利落ち」といいます。

 

権利落ち後の株価は以下のように算出されます。

 

権利落ち後株価=

 

{権利付き最終日の株価
           +
 (新株1株の払込金×旧株1株に対する新株割当率)}
           ÷
 (1十旧株1株に対する新株割当率)

 

このことから、1株から2株への分割の場合、
権利落ち後の株価は、理論的には権利落ち前の
2分の1になり、実質的な株価の変動はなかったことになります。

 

日経225は、このような権利落ちに伴う株価下落分を指数に
反映させないように除数を修正することで、指数の連続性を保っているのです。

広告