日経225オプション取引 実践セミナー2弾

人気のオンライン証券会社!

岡三オンライン証券

インアウト・スプレッド

カレンダー・スプレッド

 

オプションのインアウト・スプレッドとは、

 

同銘柄(市場)同限月のコールまたはプットのITM(イン・ザ・マネー)と
OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)のスプレッド取引のことを言います。

 

そして、インアウト・スプレッドでは、
必ずITMを買い、OTMを売ります。

 

インアウト・スプレッドの特長は「OTMの売り」
にありまして、相場の方向性に賭ける戦略でもあります。

 

この場合は、最も大きな利益が期待できるのは、
デルタが最も高いITMのオプション買いとなります。

 

しかしながら、
ITMのオプションはコスト(プレミアム)が高い」という
特長がありますので、同時にOTMを新規売りすることで
コストを低く抑えているのです。

 

それと、また、ボラティリティの違いによる
プレミアムの「割高・割安」とタイムディケイによる
「優位性」が、インアウト・スプレッドにあります。

 

ITMオプションのプレミアムは適正(理論)価格に近いのに対し
て、OTMオプションはそれより割高である場合が多いといえます。

 

それは、OTMオプションは時間価値のみですが、
ITMオプションの時間価値は少ないために、
株価の変動が小さい場合は、タイムディケイにより
OTMのプレミアムはITMに比べて大きく減少します。

 

つまり、
『割高』を売り、「割安」を買うという
理にかなった戦略といえましょう。。

 

●どういう条件のときに仕掛けるのか?

 

 

★原市場(株価)が上昇すると予測 
→ITMのコールを買い、OTMのコールを売る 

 

★原市場(株価)が下落すると予測
→ITMのプットを買い、OTMのプットを売る

江守哲の225オプション リアルトレーディング