日経225オプション取引 実践セミナー2弾

人気のオンライン証券会社!

岡三オンライン証券

シンセティック・ポジション

シンセティック・ポジション

 

オプションのシンセティック・ポジションとは、

 

“合成的に”株式や先物の「買い」、または株式や先物の
「売り」と類似のポジションをコールとプットの売買の組合せによって
作り市場変動の方向性を提えて利益を得る戦略であります。

 

○ブル・シンセティック

 

・先物の「買い」と同じく、市場の上昇によって利益を得るポジション。
 同銘柄(市場)同限月の「コールの買い」と「プットの売り」の組合せです。

 

○ベア・シンセティック

 

・先物の「売り」と同じく、市場の下落によって利益を得るポジション。
 同銘柄(市場)同限月の「コールの売り」と「プットの買い」の組合せです。

 

ポイントになるのは権利行使価格の選び方になります。

 

受け取りプレミアム−支払いプレミアム=クレジット(=プラスになる)
ような選び方が、基本となります。

 

シンセティック・ポジションの
メリットは相場の方向性をとりながら、
単純な「オプション買い戦略」や先物のポジションよりも、
リスクの小さなポジションがとれるところにあります。

 

●どういう条件のときに仕掛けるのか?

 

★市場が上昇すると予想するとき

 

→ブル・シンセティック(同銘柄(市場)同限月の「コールの買い」
と「プットの売り」の組合せ)

 

★市場が下落すると予想するとき

 

→ベア・シンセティック(同銘柄(市場)同限月の「コールの売り」
と「プットの買い」の組合せ)

江守哲の225オプション リアルトレーディング