バイナリーオプション常勝の秘密

権利行使価格とプレミアム

権利行使価格とプレミアム

 

「権利行使価格」と「プレミアム」について説明しましょう。

 

「権利行使価格」と「プレミアム」についての取引事例を見ていきます。

 

例えば、
「日経225オプション2008年10月限11400−コール」が、
300円で取引きされてたとします。

 

また、現在の日経225の価格は1万2000円であるとしましょう。

 

「2008年10月限」というのは、オプションの有効期間が切れる
(満期となる)月を示します。

 

つまり、オプションの「満期」を示す月が「限月」です。

 

この例では10月(第2木曜日)がそれにあたります

 

また、日経225オプションにおいては、
日経225そのものが売買されているのではなく、
日経225を買う、または売る「権利」のみが売買されて
いることを示しているのが、
「11400−コール」です。

 

「11400−コール」の11400はオプションの
「権利行使価格」を表わします。

 

(買う権利=コール)(売る権利=プット)

 

つまり、このオプションは日経225を11400円で
2008年10月(第2木曜日)までに買う「権利」が300円で 
取引されることになるのです。

 

この例の300円が、「プレミアム」です。

 

実際に取引するときは、レバレッジが効いてますので、
300円を1000倍した価格を「1単位」として売買します。

 

つまり、この例では、「11400−コール」を
30万円で購入・売却できることになります。

 

ちなみに、「プレミアム」の最低価格は1円ですから、
手数料を考慮しなければ、「プレミアム」が、1円の場合は、
1000円で取引されます。

 

オプションは1単位以上購入・売却することも可能です。
そして、オプション1単位は、「1枚」とカウントします

 

1円のプレミアムのオプションを100枚購入するなら、
100万円が必要ということになります。

広告