バイナリーオプション常勝の秘密

日経225とは?

「コール」と「プット」

 

このページでは、日経225(日経平均)とは、何かについて、説明します。

 

「株価指数」である、「日経225」は、株式そのものではありません。

 

「株価指数」とは、複数の株式の価格を合わせてひとくくりにし、
「指数化」したものです。

「指数」とは??

「指数」とは、ある基準をたとえば100として、
その基準から価格がどのように推移しているかを数値で表わしたものです。 

 

 

 例をあげて説明しましょう。

 

たとえば、A、B、Cという3つの銘柄があるとします。

 

現時点の株価が、A銘柄200円、B銘柄400円、C銘柄600円で、
株数はすべて同じであるとします。

 

この場合の平均株価は、(200十400十600)÷3=400円です。

 

指数化するためには「基準」を設けなければなりません。
現時点を基準とするなら、現在の
平均株価の400円を基準値の100とします。
さて、3銘柄の平均株価が翌日405円になったとします。
この場合、指数は100から101.25に変わります

 

 (平均株価405円÷基準値400円=1.0125)
   ×100=101.25

 

日経225とは??

日経225株価指数

日経225株価指数も、同じ原理の指数です。

 

現在では、権利の異動に伴い、「日経平均株価(日経平均)」と
呼ばれていますが、以前は、日経225株価指数は、日本経済新聞社と
米国のダウ・ジョーンズ社の両社の社名を使って「日経ダウ平均」と
呼ばれていました。

 

この日経225株価指数を形成する
日経225社は、東京証券取引所第1部上場企業の中から
225社を選出し、その株価を使って計算されています

 

日経平均とは、他にも、このほかにも、「日経300」
「日経500」といった平均株価指数が、存在します。

 

日経225構成銘柄は、固定されているわけでは、ありません。

 

定期的に見直しが行なわれ、構成銘柄が入れ替わることがあります。

 

ちなみに、日経225の計算式は・・・、

 

日経225=(225銘柄の株価の合計)÷除数

 

となります。

 

そして、この式の中で用いられる「除数」とは??

 

続きは、こちらへ・・・。

 

         ↓

 

   「除数」とは?

広告