除数とは?

除数とは?

日経225=(225銘柄の株価の合計)÷除数で用いられる「除数」とは、

指数の連続性を保つために修正に用いる数値です。

除数は以下のような修正方法で計算されています。

前日の株価合計÷前日の除数=
(前日の株価合計±当該新株落ち分等合計)÷新除数

たとえば、A株200円、B株300円、C株400円の
3銘柄で指数を構成しているとします。

このC株が2分割(10割増資)を行ない、翌日の株価が200円になった場合、

(200+300+400)÷3
   =
(200+300+400−200)÷新除数

新除数=xとして・・・

300=700÷x

300x=700
x≒2・3


ですから、新除数は2・3となります。



日経225は、1949年を基準として作成されましたので、
新株落ち(有償増資や株式分割を対象とした権利落ちのこと)、
減資、銘柄の入替えが生じると指数の連続性が保てないため、
除数は上記のような修正方法で計算されているのです。



トップへ戻る▲


スポンサードリンク

日経225オプション取り扱い会社

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • イザ!ブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

※証券会社比較、並びに紹介ページで、お申し込みをされる際は、
証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。
必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、
当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。